作業者

マイホームを建てる前に|土地の地盤調査をしてもらおう

建設工事に必要です

作業者

調べるものが重要です

一言で地盤調査と言っても、「地盤の強度」を調べる場合と「地盤の土壌の状態」を調べるものが大きくあるでしょう。前者の場合は、地盤の上に構造物などを作る場合には欠かせない調査です。構造物の重さに耐えられて、地震等が発生しても倒れたり、傾いたりしないように、支持層と言われる堅い層を見つけるのが主な調査です。一般的にはボーリング工事と言って、筒状のものを少しずつ打ちこんで、打ちこむ力から地盤強度を調べるものです。資格をもった業者であれば、それほど難しいものではないので、過去の実績などを調べて問題無ければ入札に参加させても良いでしょう。ただし、大型構造物の場合は場所によって地質が変わる可能性があるので、その辺について理解がある担当者が適切な箇所の地盤調査をすることが重要です。次に、土壌調査ですが、最近築地問題で話題になっている例のものです。これは、土壌に有害な物質などがないか調べるもので、難しいのは素人の発注者だと、なかなかある有害物質がどの程度あれば問題になるのがわかりにくいと言う事です。そのため、地盤強度を調べる事に加えて、土壌調査に関して実績のある業者を選ぶと良いでしょう。また、地盤調査時は複数のデータを採取し、調べた場所が特異点とならないようにしておくことが重要です。どちらの地盤調査も出来る業者もありますが、場合によってはサンプリングだけ行って、採取した試料の解析は別の会社に頼む業者もいるので、可能であれば自分たちで全部できるところの方が予算的には有利でしょう。