作業者

マイホームを建てる前に|土地の地盤調査をしてもらおう

地盤を調査する必要性

土嚢袋

近年では住宅建築の瑕疵担保責任をハウスメーカーが負っていますので、万が一、軟弱地盤であったために住宅が傾いた場合、基礎の欠陥として保証の対象になります。そのため、ハウスメーカーは必ず地盤調査を行って住宅建築を行います。ハウスメーカーの瑕疵担保責任について、法律が制定されるまでは、地盤調査は施主の任意で行っていたところがあり、十分に調査をしないまま住宅を建築して、結果として住宅が傾いてしまったということも少なくありませんでした。住宅メーカーに地盤調査が義務付けられたことによって、施主は安心して住宅を建てることができるようになりましたが、地震による影響まで保証されるものではありません。そのため、地盤調査の結果、地盤補強の必要性が判断されるような場合には、地震への対策を考えて検討することが大切です。ハウスメーカーは地震のためではなく、住宅の重みで沈んでしまうことがないかどうかを判断するためだけに地盤調査を行います。調査の方法には、もっとも一般的で費用が安いスウェーデン式サウンディング試験、面的に地盤の調査を行う表面波探査法、精度が高い分費用も高くなるボーリング調査などがあります。調査結果の制度や費用などに違いがありますので、調査を行う目的や近隣の地盤の状況などを踏まえて、調査方法を選ぶことが必要です。さらには、その調査結果を受けて、どのような地盤改良を行うべきか、地盤調査のコンサルタントなどに依頼すると安心して住宅建築を行うことができます。