作業員

マイホームを建てる前に|土地の地盤調査をしてもらおう

建設工事に必要です

地盤調査は、強度を調べる場合と土壌の状態を調べる場合が大きくあるのが特徴です。どちらも建設工事の際には大きな影響力を示す根拠データとなるとので、専門の知識をもち経験豊富な業者を選定する事が大切でしょう。

地盤をしっかりと整える

住宅建設を行う場合などには、事前に地盤調査する必要がある。地盤調査を業者依頼する場合には、その手法について確認することがポイントになる。調査の仕方により短期間で調査してもらうことができ、料金も抑えながら結果を得られる。

建物を支えるために

地盤調査

住宅建築において地盤の強度は重要です。住宅は長期間使用するものですから、地盤の強度について、短期間だけのことを考えるべきではありません。地盤の強度不足によって、将来的に建物に欠陥が生じることがないように、しっかりと地盤調査を行って必要な地盤改良を施すことが必要になります。一般住宅のようにそれほど荷重がない場合であれば、スウェーデン式サウンディング試験方法による地盤調査でも十分な結果を得ることができます。マンションなどの大規模な建築を行う場合や地盤の強度に不安があるような場合には、ボーリング試験等の詳細な地盤調査を行う必要があります。地盤調査を行う必要性は、住宅の不同沈下を防ぐ目的があります。住宅が不同沈下すると住宅の一部にゆがみが生じますので、床が傾いてしまいます。軽微な不同沈下であればいいのですが、次第にゆがみが大きくなり、場合によっては躯体そのものに影響を及ぼすこともあります。そのため、地盤調査を行うポイントは、住宅の荷重を支える四隅と建物の中心を調べることになります。それぞれのポイントにおいて、十分な強度がなかった場合には、表層改良やコンクリート柱、鋼管杭などの地盤補強を行うことで、建物を支えることになります。適切な地盤改良を行えば、軟弱な地盤であっても住宅を支えることができます。地盤調査を依頼する業者を選ぶときは、見積もりをきちんと取り、サービス面や費用を検討した上で依頼するようにしましょう。

地盤を調査する必要性

かつては、地盤調査を行わずに住宅を建築するケースもありましたが、今は、法律でハウスメーカーに瑕疵担保責任が義務付けられており、住宅建築の場合には必ず地盤調査を行います。ただ、地震の場合には、ハウスメーカーは責任を負いませんので、個人の判断で地盤改良を行う必要があります。